エルツグリフロジン+シタグリプチンの方が各薬剤の単独療法より効果的である | ADA

ヘモグロビンA1cが<7.0%となる可能性は、2剤併用群の方が各単独群よりも大きくなった。
ヘモグロビンA1cが<7.0%となる可能性は、2剤併用群の方が各単独群よりも大きくなった。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。