性交渉の頻度が低いMSMにおいてPrEPは高い有効性を示す | IAC

レジメンは、リスクの高い性交渉を持つことが予想される24時間前でのPrEP薬の2倍量服用と、その後2日間での1日に1錠ずつの服用であった。
レジメンは、リスクの高い性交渉を持つことが予想される24時間前でのPrEP薬の2倍量服用と、その後2日間での1日に1錠ずつの服用であった。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。