主観的認知機能低下は発症前のアルツハイマー病の初期症状である可能性 | WCP

定常的なSCDは、アルツハイマー病による持続的な神経変性過程を反映したものである可能性がある。
定常的なSCDは、アルツハイマー病による持続的な神経変性過程を反映したものである可能性がある。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。