ACC 2018—カプトプリルチャレンジと高張食塩水試験は両方とも原発アルドステロン症に対して正確

診断にはカプトプリルチャレンジ後血漿アルドステロン濃度を使用するのが好ましい。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。