APA 2018—大うつ病性障害を有する患者では、薬理遺伝学的プロファイリングにより奏効が改善

薬理遺伝学的検査に基づいた治療を実施した場合、寛解達成の確率が50%上昇した。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。