研究によると、インターネットを用いた認知行動療法は、1型糖尿病における疲労重症度および機能障害を軽減する可能性がある

疲労は、有病率が高く障害と関係するにもかかわらず、未だに研究の進んでいない1型糖尿病の症状である。
疲労は、有病率が高く障害と関係するにもかかわらず、未だに研究の進んでいない1型糖尿病の症状である。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。