CT・MRI画像コレクション

アプリを開く>

CT・MRI画像コレクション を追加

smartmedのどのページにいても、メニューバーからアクセスできるようになります。

CTスキャン撮像について、知識を深めます。
ジョンズ・ホプキンス大学医学部放射線学のエリオット・フィッシュマン教授 (医博) とカレン・M・ホートン教授 (医博) の実績は、全世界の放射線医師と技術者により認められています。 フィッシュマン教授とホートン教授が提供する CTISUS.com は、意思決定支援ツールとしての高解像度画像に対するニーズの高まりに応えています。 医療画像で有数の規模、おそらくはCTでは最大のウェブサイトであるCTISUSは現在、100か国以上の5万人を超える医療専門家が毎月利用しています。
 
フィッシュマン教授とホートン教授は無料で教材やスキャナプロトコル・学習モジュール・ポッドキャスト・動画を提供し、広く医療専門家のCTスキャン撮像に関する基礎や実践に関する知識を深めることで、診断画像撮影の分野をリードしています。
 
CTコレクションの画像はCTISUSから直接得られたもので、Smartmedの利用者に合わせたコメントが付く場合もあります。 診断に基づく症例は17の組織部を扱い、1症例につき5-6の画像があります。 各症例での簡単な質問により、自らの知識をテストすることができます。また、新たな症例が定期的に追加されます。
 

先頭に戻る

コンテンツの提供者について

エリオット・K・フィッシュマン博士とカレン・M・ホートン博士.
エリオット・フィッシュマン博士の臨床および研究は、3次元撮像およびコンピュータ断層撮影での具体的な医療撮像に重点を置いています。 同博士のCTでの取り組みにより、1000以上の査読済刊行物が発行されています。 全世界の放射線医師による教育および教授での優れた実績を認められ、フィッシュマン博士は2002年と2007年に卓越した教育者として、また2004年には卓越した研究者としてAunt Minnie Awardを受賞し、両賞を受賞した初の人物となっています。 また、Medical Imagingはフィッシュマン博士を、2007年に全米最高の放射線医師としています。

フィッシュマン博士は現在、ジョンズ・ホプキンス大学医学部の放射線学・腫瘍学科教授で、診断画像撮影・身体CT部長を務めています。

カレン・ホートン博士は、ジョンズ・ホプキンス大学医学部で医学誌号を取得し、放射線学の臨床研修を受けています。 同博士は現在、ジョンズ・ホプキンス大学医学部の放射線学科教授で、ジョンズ・ホプキンス大学医学部の放射線学科断面画像撮影フェローシップの部長を務めています。 ホートン博士は、コンピュータ断層撮影、特に膵臓を撮影し膵臓腫瘍を検知する際のCTスキャンの使用について多くの共著があります。

フィッシュマン博士とホートン博士は、スパイラルCTおよび3D撮影に重点を置いた医療撮像を使用した高度な患者ケアに現在取り組む一環として、CTISUSを保持しています。 両博士は、複数の放射線医師やコンピュータ科学者、マルチメディア開発者、医療イラスト作成者を含む、CTISUSのチームを主導しています。