SABCS 2019―閉経後のホルモン併用療法はエストロゲン単独療法と比べて乳癌関連の影響を抑制する

各レジメンがプラセボと比較されたが,治療群間で子宮摘出術の有無に差がみられた。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。