SABCS 2019―転移乳癌において経口パクリタキセルを含む多剤併用療法は静注の場合より優れている

経口投与は生存期間と臨床効果の改善につながり,神経障害の発生率を低下させる。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。