AHA 2019 — ダパグリフロジンは駆出率低下を伴う非糖尿病性心不全患者に対して有益である

DAPAは、T2Dの有無に関わらず、患者におけるHFreF治療の新たなアプローチとなる。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。