ASM Microbe 2019 — ペットの脅威:多剤耐性腸内細菌科細菌はペットやオーナーの糞便試料中に存在する

予備結果は1/5のオーナーやペットでの陽性結果を示す。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。