ATS 2019—COPD患者では左心不全検出が不十分な可能性がある

心エコー検査で心不全を示す患者は、β遮断薬およびRAAS阻害剤の使用率がより高いものの、全体的な使用率は依然として予想を下回っていた。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。