癌に対してCAR T療法を受けている患者のほぼ半数が神経学的症状を発症する

サイトカイン放出症候群は複数の脳作用を起こす。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。