EASD 2018 — CVリスクの高いT2Dでリナグリプチンは安全

CARMELINA試験の結果。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。