アスピリンの長期使用によってがん発症のリスクが減少

心臓病、さらに近年では大腸がんの予防に対し、低用量アスピリンの毎日の服用が推奨されている。しかし、長期間にわたる毎日のアスピリンの服用は、他のがん種の予防にも役立つのであろうか? 最新の研究では、アスピリンの長期常用者における、アスピリンによるがん予防の潜在的利点が検討された。
心臓病、さらに近年では大腸がんの予防に対し、低用量アスピリンの毎日の服用が推奨されている。しかし、長期間にわたる毎日のアスピリンの服用は、他のがん種の予防にも役立つのであろうか? 最新の研究では、アスピリンの長期常用者における、アスピリンによるがん予防の潜在的利点が検討された。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。