脊髄損傷:機能を回復する神経調節介入を評価するための臨床的進歩

レビューから脊髄損傷の治療において神経調節を使用する上での現在の課題が浮き彫りになった
レビューから脊髄損傷の治療において神経調節を使用する上での現在の課題が浮き彫りになった
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。