AMLの侵襲性真菌症に対するカスポファンギンとフルコナゾールの比較

急性骨髄性白血病の新規診断例、再発例または二次性AML症例である生後3カ月~30歳の患者517人を対象とした試験。
急性骨髄性白血病の新規診断例、再発例または二次性AML症例である生後3カ月~30歳の患者517人を対象とした試験。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。