自分の患者がどのような代替療法を行っているか医師は理解しているか?

安全性の問題についてがん専門医と話し合ったのは、代替療法を使用するがん患者の7%に過ぎなかった。
安全性の問題についてがん専門医と話し合ったのは、代替療法を使用するがん患者の7%に過ぎなかった。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。