遺伝性血管浮腫:ラナデルマブは発作率を減少させる

26週間にわたるラナデルマブの皮下投与は遺伝性血管浮腫I型またはII型患者の発作率を減少させた。
26週間にわたるラナデルマブの皮下投与は遺伝性血管浮腫I型またはII型患者の発作率を減少させた。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはSmartmed®にご登録ください。