食物繊維および全粒穀物の摂取量を増やすと非感染性疾患のリスクが減少する

新しい研究は、食物繊維の摂取量を1日25~29 g以上に増やし、精製穀物の代わりに全粒穀物を摂取することを支持する。
新しい研究は、食物繊維の摂取量を1日25~29 g以上に増やし、精製穀物の代わりに全粒穀物を摂取することを支持する。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。