慢性副鼻腔炎はうつ病および不安のリスク増加と関連する

医師は慢性副鼻腔炎患者に併存疾患がないかどうかを警戒するべきである。
医師は慢性副鼻腔炎患者に併存疾患がないかどうかを警戒するべきである。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。