自閉症における糞便移植療法の長期成績

治療から2年後、胃腸障害と小児自閉症評価尺度スコアが改善した。
治療から2年後、胃腸障害と小児自閉症評価尺度スコアが改善した。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。