時折昼寝をすることが心血管イベントリスクの低下と関連

高頻度または長時間の昼寝では関連性が認められなかった。
高頻度または長時間の昼寝では関連性が認められなかった。
アクセスしようとしているコンテンツは、会員登録された医療関係者の方にのみ提供しています。 続けるには、ログインするか、またはsmartmed®にご登録ください。