最新問題

最近の骨粗鬆症性椎体骨折に関する椎体形成術

  • 2018.10.19上級
最近の疼痛を伴う骨粗鬆症性椎体骨折(VF)患者では、偽手術(SP、リドカインとブピバカインの皮下注射実施)と比べ、経皮的椎体形成術(VP、同じ皮下麻酔剤使用)は、以下のどの時点で疼痛の有意な減少と関連が認められたか(10点VASでの自己評価)。

0
プレーヤー数

終了まで残り

0 ヵ月
0
0 時間
0 OF 0
の問題に回答しました

起動中 …