最新問題

骨の感染または関節の感染に対する長期抗生物質療法:静脈内投与と経口投与の比較

  • 2019.06.19上級
骨の感染または関節の感染があり、当初は外科手術(必要な場合)と1週間の静脈内(IV)抗生物質療法を受けた患者において、(最低)6週間の経口(PO)投与による抗生物質療法の継続は、12カ月の追跡調査期間後、また6週間のIV投与と比べて、治療不成功率がおよそどの程度さらに高いことと関連するか?

0
プレーヤー数

終了まで残り

0 ヵ月
0
0 時間
0 OF 0
の問題に回答しました

起動中 …